MENU
CLOSE

GLP-1ダイエットは痩せない?効果的な使い方や注意点を徹底解説

GLP-1ダイエットは痩せない?効果的な使い方や注意点を徹底解説
リエートクリニック横浜院医師 白川 巧
監修者プロフィール
リエートクリニック横浜院
医師
白川 巧

GLP-1ダイエットはメディカルダイエットの一種で、医薬品を用いて理想の体型を目指す減量方法です。

医師のサポートを受けながら痩せられるメリットがあり、食事制限やトレーニングが苦手な方に人気があります。

一方で、ネットには「GLP-1ダイエットは効果がなかった」「健康リスクが心配」といった口コミも見られます。

そこで本記事では、GLP-1ダイエットの効果について詳しくまとめました。メリットとデメリット、起こりうる副作用なども解説しているので、GLP-1ダイエットに興味がある方は最後までお読みください。

GLP-1ダイエットとは?

ウエストをつまむ女性

GLP-1ダイエットは「GLP-1」と呼ばれるホルモンを補い、痩せやすい体質を作るダイエット方法です。

GLP-1は人の体内にあるホルモンで、食事をとると小腸から分泌されます。インスリンの分泌を促し、血糖値を下げる働きがあります。

GLP-1の分泌量には個人差があり、多い人ほど少ない食事量で満腹感を得られるのが特徴です。脂肪の分解も効率的に行われるので、痩せやすい体質の人が多い傾向にあります。

対して、GLP-1の分泌量が少ない人は食べたものの消化や吸収が早く、満腹になりにくい特徴があります。食欲が満たされずつい食べすぎてしまうので、GLP-1の分泌量が多い人に比べて太りやすい傾向にあります。

GLP-1ダイエットでは内服薬または注射で体内GLP-1を増やし、少ない食事量で満足できる体質を作ります。

なお、GLP−1ダイエットは医師の指導のもとで行われるダイエットであり、必要な医薬品を処方してもらうにはクリニックを受診しなければなりません。

医療ダイエットはオンラインでも受けられますが、効果や効率を重視する方はクリニックで直接医師に相談することを強くおすすめします。

GLP-1ダイエットの種類と特徴

GLP-1注射

GLP-1ダイエットには内服薬と注射の2種類があります。ここからはそれぞれの効果と用法用量について解説します。

1.内服薬

リベルサスはGLP-1ダイエットで用いる内服薬の代表例です。

もともとは糖尿病治療のための医薬品※で、体内のGLP-1を補うことで食欲を抑制します。

用量は3mg・7mg・14mgの3種類あり、まずは3mgからスタートします。4週間使用を継続した後は、効果や体調の変化に合わせて増量が可能です。

維持量は体型や体質を確認した上で医師が決定します。

※承認された効果効能と異なる目的(美容ダイエット)での使用となる場合は未承認医薬品の扱いです。副作用などのリスク・入手経路については各クリニックにお問い合わせください。

2.注射

内服薬と同様に、GLP-1注射にもインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる働きがあります。

GLP-1注射にはいくつか種類があり、用量と使用頻度が次のように異なります。

種類使用方法
サクセンダ・1日1回、朝または夕方に皮下注射する
・最初は0.6mgからスタートし、最大3.0mgまで増やせる
ビクトーザ・1日1回、朝または夕方に皮下注射する
・最初は0.3mgからスタートし、最大1.8mgまで増やせる
オゼンピック・週1回皮下注射する・最初の4週間は0.25mgを注射し、その後週1回0.5mgの維持量に変更できる(最大1.0mgまで増やせる)
マンジャロ・週1回皮下注射する・最初の4週間は2.5mgを注射し、その後週1回5mgの維持量に変更できる(最大15mgまで増やせる)

GLP-1注射は太ももやお腹、二の腕など脂肪の多い部位に注射します。

注射と聞けば痛みが心配になりますが、GLP-1注射は一般の注射器とは異なる極細針を使用するため、痛みはほとんど気になりません

※承認された効果効能と異なる目的(美容ダイエット)での使用となる場合は未承認医薬品の扱いです。副作用などのリスク・入手経路については各クリニックにお問い合わせください。

GLP-1ダイエットのメリット

お腹を気にする女性

GLP-1ダイエットには次のメリットがあります。

GLP-1ダイエットのメリット

  1. 少ない食事量で満足できる
  2. 食べ過ぎを防げる
  3. 痩せやすい体質になる

内容を詳しく解説します。

1.少ない食事量で満足できる

GLP-1ダイエットの大きなメリットは、少ない食事量で満腹感を得られることです。

体内のGLP-1を補うとインスリンが分泌され、食後の急激な血糖値の上昇が抑えられます。これを脳内の満腹中枢が感知し、食欲が満たされたと判断します。

いつもより少ない食事量で満足できれば自然に摂取カロリーも抑えられ、結果として我慢や負担のない食事制限につながるのです。

2.食べ過ぎを防げる

GLP-1は脳内の食欲中枢にも作用します。

食欲中枢に働きかけることによって食欲を抑えたり満腹感を維持することができます

ダイエット中にありがちな食事制限の反動からくるドカ食いも心配いりません。

無理や我慢をせずに食欲をセーブできる点は、GLP-1ダイエットならではのメリットと言えるでしょう。

3.痩せやすい体質になる

GLP-1には脂肪細胞や中性脂肪の分解を促す働きもあります。

体内のGLP-1が増えると、体温上昇の役割を担う褐色脂肪細胞が活性します。褐色脂肪細胞は、脂肪を燃やして熱エネルギーを作り出す細胞のことです。

GLP-1を補うことで褐色脂肪細胞の働きが促され、エネルギー消費量が増えることは脂肪燃焼につながります。

その結果痩せやすい体質に変化し、効率よく理想の体型に近づくことができます。

4.リバウンドしにくい

GLP-1ダイエットを続けると痩せやすい体質に変化するので、リバウンドしにくい体を手に入れることができます。

過度な食事制限やトレーニングなどは長続きさせるのが難しく、結果が出たとしてもリバウンドしやすいのが難点です。事実、自己流のダイエットでリバウンドした経験のある方は非常に多いです。

対して、我慢せずに食事量が抑えられ、体質そのものを変えられるGLP-1ダイエットはリバウンドのリスクがほとんどありません

GLP-1ダイエットはダイエットが長続きしない方や、リバウンド経験のある方におすすめのダイエット方法です。

GLP-1ダイエットのデメリット

kgの文字が書かれているブロック

GLP-1ダイエットにはさまざまなメリットがありますが、その裏には頭に入れておかなければならないデメリットもあります。

GLP-1ダイエットのデメリット

  1. 副作用が出ることがある
  2. やめると効果がなくなる
  3. 部分痩せやセルライト除去の効果はない

ここからはそれぞれのデメリットを詳しく解説します。

1.副作用が出ることがある

医薬品を使用するGLP-1ダイエットでは副作用が発生することがあります。

副作用はGLP-1ダイエットを開始してすぐの頃に発現しやすく、よくある症状には下痢や便秘、吐き気などがあります。頻度はそれほど高くなく、継続するうちに軽快するケースがほとんどです。

ただし、まれに急性膵炎や低血糖など重篤な副作用も報告されているので、症状がつらい時は無理をせず必ず医師に相談してください。

2.やめると効果がなくなる

GLP-1ダイエットの効果が得られるのは、GLP-1の使用を継続している間のみです。

継続中に抑えられていた食欲は、GLP-1の使用を中止することで徐々に元に戻ります。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると当然ながら体重は増えてしまうので、結果として体重が元に戻る可能性が出てくるでしょう。

使用中止後のリバウンドを防ぐには、GLP-1使用中に少量の食事で満足できるよう習慣化できるとよいでしょう。

3.部分痩せやセルライト除去の効果はない

GLP-1ダイエットは食欲を抑えたり脂肪分解を促したりするダイエット方法です。

体全体に少しづつ変化が見られるのが特徴で、特定の部分だけ引き締めたりセルライトを除去したりする効果はありません。

脂肪がつきやすい部位や痩せやすい部位には個人差があるので、GLP-1ダイエットによって希望していない部位が痩せてしまったり、痩せてほしい部位に変化が見られないなどのリスクが想定できます。

部分痩せやセルライト除去を希望する方は、GLP-1ダイエットと別の医療ダイエットを組み合わせて行うことをおすすめします

GLP-1ダイエットで「痩せない」人がいる理由

お腹の脂肪をつまむ

GLP-1ダイエットについて調べると「効果がない」「期待するほど痩せられなかった」といった口コミが見られます。

GLP-1ダイエットで効果が得られない理由は3つあります。

GLP-1ダイエットの効果が出ない理由

  1. すぐにやめてしまった
  2. 食べ過ぎている
  3. すでに痩せている

それぞれの理由を詳しく解説します。

1.すぐにやめてしまった

GLP-1ダイエットの効果を実感できるまでの期間は早くて数週間、一般的には数ヶ月ほどかかります。

体重や体型に変化が見られるまでには一定の時間がかかるので、効果がないからと使用を中止すれば思うような効果は得られないでしょう。

また、GLP-1には脂肪細胞そのものを減らす効果はありません。やめると食欲も徐々に戻りますし、過食が続けば当然体重も増えてしまいます

2.食べ過ぎている

GLP-1ダイエットをはじめても、食べる量が多すぎると痩せるのは難しいかもしれません。

GLP-1ダイエットで得られるメリットは、血糖値の上昇や食欲を抑えられることです。GLP-1を補えば痩せやすい体にはなりますが、食べる量が今までと変わらないか増えてしまえば体重減少にはつながりません

「GLP-1ダイエットをすれば食べても太らない」というのは誤った認識です。GLP-1ダイエットで痩せられないと感じる方は、食事量に問題がないかを振り返ってみるといいでしょう。

3.すでに痩せている

GLP-1ダイエットは脂肪量が少ない痩せ型の方には不向きなダイエット方法です。

そもそも痩せ型の人は食事量が少なく、基礎代謝も高い傾向にあります。痩せやすい体質である以上、GLP-1を補っても大幅な体重減少は望めないでしょう。

GLP-1で効果的に痩せる方法

お皿の上の野菜とスプーンとフォークでできた時計

GLP-1ダイエットで効率的に痩せるには、以下の方法も一緒に行うことをおすすめします。

GLP-1ダイエットで効率的に痩せる方法

  1. 食事のバランスを見直す
  2. 他の医療ダイエットと組み合わせる

ここからは上記の方法を詳しく解説します。

1.食事のバランスを見直す

GLP-1ダイエットの効果を高めるには、普段の食生活を見直すことが大切です。

栄養やカロリーを厳しく管理する必要はありませんが、自発的に健康的な食事を心がけるだけで痩せやすい体を作ることができます

食事面で意識したいポイントは次の通りです。

食事面で意識したいポイント

  • タンパク質中心の食事をとる
  • 脂質・糖質の多い食べ物は量や回数を決める
  • 食事の際は野菜から食べる
  • 夕食は早い時間に済ませる
  • 夜間に暴飲暴食をしない
  • 栄養面に不安がある時はサプリメントを活用するなど

効率よく脂肪を燃焼するには、筋肉のもととなるタンパク質をしっかりと摂取しましょう。タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品など、比較的摂取しやすい食べ物に含まれます。

カロリーオーバーにつながりやすい揚げ物やジャンクフード、スイーツ類は食べすぎないように注意してください。

過度な食事制限をする必要はありませんが、毎食サラダを追加したりプロテインを活用するなど、無理のない方法で食事のバランスを見直しましょう。

2.他の医療ダイエットと組み合わせる

GLP-1ダイエットには食欲抑制や脂肪燃焼を促進する作用がありますが、これらの効果は使用を中止すると徐々になくなっていきます。

やめるとリバウンドの可能性があるので、人生最後のダイエットを行いたい場合にはその他の方法と組み合わせることをおすすめします。

たとえば、医療電磁場機器や脂肪冷却などは脂肪細胞自体を減らすことが可能です。施術した部位はリバウンドしにくいので、GLP-1ダイエットのデメリットを補うことができます

GLP-1ダイエットは気軽にはじめられるのが魅力ですが、効果を持続させるには服薬や注射を継続しなければなりません。

その他の医療痩身プログラムの中には数回の施術で効果を半永久的に持続させられる方法があります。リバウンドのリスクを最小限に抑え、効率よく痩せるにはその他の方法も合わせて検討するのがいいでしょう。

リエートクリニック

リエートクリニックは美しく、かつ効率的に痩せられる医療痩身プログラムを提案するメディカルダイエット専門のクリニックです。

細胞レベルで痩せながら美容と健康を維持する医療痩身プログラムを得意とし、医師が一人ひとりの体質や健康状態に合わせて、適切なプランを提案させていただきます。

リバウンドのない、人生最後のダイエットをお手伝いしておりますので、結果を出したい方はお気軽にご相談ください。当院は横浜駅と名古屋駅周辺にございます。

\モニターで最大80%オフ/

GLP-1ダイエットの注意点

指で作ったバツ印

以下に該当する方はGLP-1ダイエットができません。

GLP-1ダイエットができない人

  • 妊娠中または授乳中の方
  • 未成年
  • 高齢者
  • 糖尿病の方
  • 重度感染症の方
  • 手術後間もない方

上記以外でも持病や体質次第ではGLP-1受容体作動薬を使用できない可能性があります。

もう一つ注意したいのが、GLP-1受容体作動薬の通販・個人輸入です。

近年、ダイエット目的の海外製品による重篤な健康被害が多数報告されています。その大半が無承認無許可医薬品であり、海外の通販サイトや個人輸入で入手したものであることが明らかにされています。

流通経路が不明な医薬品にはリスクが伴うため、GLP-1ダイエットは医師が処方した医薬品を用いて正しく行ってください。

GLP-1ダイエットで起こりうる副作用

お腹を抑える女性

GLP-1ダイエットで報告されている副作用には次のものがあります。

施術副作用
内服薬・吐き気
・胸やけ
・下痢
・膨満感
・食欲減少
・おなら
・低血糖
・脂肪便
・倦怠感
・口の渇き
・発疹
・かゆみなど
注射・便秘
・下痢
・吐き気
・嘔吐
・腹痛
・動悸
・倦怠感
・背中の痛みなど

GLP-1ダイエットの副作用は、時間の経過とともに落ち着くケースがほとんどです。症状がつらい時は無理に続けず、医師に相談することをおすすめします。

GLP-1に関するよくある質問

吹き出しにクエスチョンマーク

GLP-1ダイエットについて、患者様から多く寄せられる質問と回答をまとめました。

Q

GLP-1ダイエットで保険適用になるケースはありますか?

A

P-1受容体作動薬が保険適用となるのは以下の疾患です。
・2型糖尿病
・高血圧、脂質異常症または2型糖尿病のいずれかを有する肥満症
美容目的のダイエットは自由診療となります。

Q

GLP-1ダイエットで何キロ痩せられますか?

A

アメリカで行われた臨床研究によると、 GLP-1受容体作動薬を投与した被験者に以下の変化が見られたとの結果が報告されています。
被験者:糖尿病患者ではないBMI30以上の肥満者3,731名(うちプラセボ群1,244名)
薬剤と投与の頻度:1日1回、56週間リラグルチド3.0mgを皮下注射

リラグルチド群 プラセボ群
体重が5%以上減少した人 63.2% 27.1%
体重が10%以上減少した人 33.1% 10.6%
体重が15%以上減少した人 14.4% 3.5%


体重減少の平均数値は8.4kgとの結果でした。
なお、GLP-1ダイエットで減らせる体重は元の体型によるところが大きいです。GLP-1ダイエットを行う時は体重ばかりに捉われすぎず、見た目の変化も確認しながら無理せずに進めていくことが大切です。

Q

GLP-1ダイエットに低血糖のリスクはありませんか?

A

適切に行えばリスクはほとんどありません。
GLP-1受容体作動薬には血糖値を下げる作用があるため、極端な糖質制限やその他の糖尿病治療薬との併用によって低血糖を引き起こす可能性があります。
GLP-1ダイエットの問診では健康状態や生活習慣を確認するので、持病や既往歴は正確に申告しましょう。また、使用によって体調に変化が見られる場合も自己判断で継続せず、必ず医師に相談してください。

まとめ

GLP-1注射とメジャー

GLP-1ダイエットは少ない食事量で満腹感を得られ、食べ過ぎを防ぐことができるメリットの大きいダイエット方法です。

過度に食事を制限する必要もないので、食べることを我慢するのが苦手な方に向いています。一方で、やめると効果がなくなったり部分痩せができない点はGLP-1ダイエットのデメリットといえます。

人生最後のダイエットを行うには、その他の方法と組み合わせる選択肢もあります。結果や効率を重視する方は、医師のサポートのもとで細胞レベルのダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

【参照元】

リエートクリニック横浜院医師 白川 巧
監修者プロフィール
リエートクリニック横浜院
医師
白川 巧
コラム一覧にもどる