MENU
CLOSE
  1. リエートクリニック|横浜・名古屋での医療痩身・メディカルダイエット
  2. /
  3. コラム一覧
  4. /
  5. 医療ダイエット
  6. /
  7. 脂肪冷却は効果がないといわれるのはなぜ?必要回数や期間、効果を高めるポイントを...

脂肪冷却は効果がないといわれるのはなぜ?必要回数や期間、効果を高めるポイントをご紹介

脂肪冷却は効果がないといわれるのはなぜ?
リエートクリニック横浜院医師 白川 巧
監修者プロフィール
リエートクリニック横浜院
医師
白川 巧

「脂肪冷却って本当に効果があるの?」

「脂肪冷却の効果を高める・早める方法はある?」

このように悩んでいませんか?

脂肪冷却の効果は徐々に現れるため、1回施術を受けたものの「効果がなかった」と感じる方も少なくありません。

しかし、脂肪冷却は1回でもきちんと効果が見込め、さらにいくつかのポイントを抑えることで効果を高めることが可能です。

この記事では「脂肪冷却は効果がない」といわれる理由について解説し、脂肪冷却の効果を高めるポイントもご紹介します。

「脂肪冷却は効果がない」といわれる理由

悩んでいる女性

脂肪冷却は以下の3つの理由から「効果がない」と感じてしまう方が多いようです。

脂肪冷却が「効果がない」と感じる理由

  1. その場で効果を実感できないから
  2. 1回では劇的な効果を得られないから
  3. 脂肪冷却だけでは体重を大きく減らせないから

それぞれ、詳しくみていきましょう。

1.その場で効果を実感できないから

冷却された脂肪細胞はアポトーシス(不要な細胞を排除する人体の仕組み)によって、3ヶ月程度かけて徐々に体外に排出されます。

そのため、効果を感じるのは一般的に術後6週間過ぎた頃からです。

脂肪が徐々に減るため、変化がわかりづらいこともあります。施術後は焦らず、効果が表れるまで信じて待ち続けることが大切です。

2.1回では劇的な効果を得られないから

1回の施術で減少する脂肪細胞は全体の10~20%程度です。そのため1回の施術だけでは目に見える変化が少なく、期待した効果を感じにくいことがあります。

脂肪冷却の効果を最大限に引き出すためには、同じ部位に対して2~3回以上の施術が推奨されています。

3.脂肪冷却だけでは体重を大きく減らせないから

脂肪冷却は体重を大幅に減らす施術ではなく、部分痩せでボディラインを整えるための施術です。

脂肪冷却で体外へ排出される脂肪細胞は身体全体で見ると少量のため、体重の大きな減少は期待できません。

たとえば、腹部や太もも、二の腕などの脂肪が減ることで見た目には変化がありますが、体重そのものにはあまり変化がありません。

脂肪冷却を受ける際は体重という数字にこだわるのではなく、見た目の変化を重視しましょう。

脂肪冷却の効果と安全性に関するエビデンス・医学的根拠

脂肪冷却の効果と安全性についてはこれまでに多くの研究が行われています。

16件の論文を分析したシステマティック・レビュー(※)では、1回の脂肪冷却で皮下組織が平均19.55%縮小することが確認されています。

このデータは295人の患者を対象に超音波などの客観的な方法で測定された結果です。脂肪冷却が実際に脂肪細胞の減少に効果的であることが示されています。

また、安全性に関しても長期的な副作用は非常に稀で、多くの副作用は時間とともに解消されることがわかっています。

※参考:Oxford Academic|Safety and Efficacy of Cryolipolysis: A Systematic Review of Available Literature

リエートクリニックの脂肪冷却「クラツーアルファ(CLATUU α)」

クラツーアルファ

リエートクリニック横浜・名古屋にある、メディカルダイエット専門のクリニックです。

科学的根拠に基づいた治療で短期間でのダイエットや難しい部分痩せに対応し、理想のボディラインを実現します。

脂肪冷却「クラツーアルファ(※)」をはじめ、さまざまな医療ダイエット機器と治療薬・注射などを組み合わせたオリジナルプログラムで、お客様の理想の身体を目指すことが可能です。

切らない施術のため痛みやダウンタイムが少なく、安心して施術を受けられます。

人生最後のダイエットを、リエートクリニックで始めてみませんか?

\最大80%オフ!モニターキャンペーン実施中/

※クラツーアルファはKFDA(韓国食品医薬品安全庁)から承認を受けている医療機器です。国内では未承認のため薬機法に基づき、医師による個人輸入にて導入・治療を行っています。機器についての詳細はメーカー公式HPをご確認ください。

脂肪冷却の効果はいつから実感できる?施術後6週程度が目安

個人差はありますが、一般的には施術後6週(約1.5ヶ月)程度から脂肪冷却の効果を実感し始めることが多いです。

アポトーシスは約3ヶ月程度続きます。時間をかけて少しずつ身体が変わっていくため、焦らずに継続的なケアを行うことが大切です。

脂肪冷却の必要回数と期間の目安

数字が書かれた階段状のブロック

脂肪冷却の効果をしっかり実感したい場合は、同じ部位に対して2~3回以上の施術が必要です。

2~3回以上の施術を行うことで脂肪細胞の減少率が上がり、目に見える変化が得られやすくなります。

冷却された脂肪細胞が自然に排出される時間を確保するため、施術と施術の間は1~3ヶ月程度の間隔を空けることが理想的です。

複数回の施術を行う場合、トータルで3~9ヶ月の期間が必要となります。

脂肪冷却は1回でも効果がある?

脂肪冷却は1回の施術でも効果が期待できます

学術誌「Aesthetic Surgery Journal」の研究によれば、1回の施術で治療部位の約20%の脂肪細胞を減らせるとされています。

ただし個人差はありますが、1回の施術だけでは目に見える変化を実感しにくい場合が多いです。

しっかりとした効果を得るためには、同じ部位に対して2~3回の施術が推奨されます。

脂肪冷却の効果を高めるポイント

POINTの文字と電球の絵が描かれているノート

脂肪冷却の効果を最大限に引き出すためには、以下のポイントが重要です。

脂肪冷却の効果を引き出すポイント

  1. 定期的に施術を受ける
  2. ほかのダイエットや施術と組み合わせる
  3. 施術部位をマッサージする
  4. 施術前後は身体を温めないように注意する
  5. 水分をしっかり補給する

それぞれ、詳しくみていきましょう。

1.定期的に施術を受ける

脂肪冷却の効果を高めるためには、定期的に施術を受けることが大切です。

一度の施術で除去できる脂肪細胞は20%程度のため、複数回施術を受けて段階的に脂肪を減らしていく必要があります

1~3ヶ月おきに施術を受けることで、前回の施術で除去しきれなかった脂肪細胞を効率的に減らすことが可能です。

なお複数の部位を施術する場合は、各部位を別の日に施術することが一般的です。そのため、各部位ごとに1~3ヶ月の間隔を空けます。

たとえば、お腹の施術を行った次の月に二の腕、その次の月に太ももというスケジュールで進めます。

2.ほかのダイエットや施術と組み合わせる

脂肪冷却の効果をさらに高めるためには、ほかのダイエット施術や治療と組み合わせることが有効です。

たとえば以下の施術や治療は、脂肪冷却と併用することで相乗効果が期待できます。

施術期待できる効果
医療電磁場機器電磁場を利用して筋肉を刺激し、メリハリのあるボディラインを作る
医療HIFU高強度焦点式超音波(HIFU)で脂肪細胞を破壊しながら皮膚を引き締める
脂肪溶解注射脂肪細胞を破壊する注射で、気になる部位を切らずに部分痩せできる
GLP-1食欲を抑える薬で、ダイエット効果を高める

なお、リエートクリニックでは脂肪冷却(クラツーアルファ)に加え、上記を含むさまざまな施術や治療を提供しています。

専門の医療スタッフが一人ひとりに適した施術プランを提案し、効果的な痩身をサポートします。理想のボディラインを実現するために、ぜひ一度ご相談ください。

なお、医療痩身を専門とする「リエートクリニック」では現在オープン記念キャンペーンを実施中です。

医療痩身モニター バナー

\最大80%オフ!モニターキャンペーン実施中/

3.施術部位をマッサージする

脂肪冷却の施術後は、施術部位のマッサージをおすすめします。

マッサージによって代謝が促進され、破壊された脂肪細胞が体外に排出されやすくなります

リンパの流れに沿って、施術部位の下から上(身体の外側から内側)に向かって優しくマッサージしましょう。

施術から1週間程度、毎日続けることでより効果を実感しやすくなります。

ただし、施術後に赤みが強く出ている場合や痛みがある場合は、マッサージを控え、皮膚の状態が落ち着くのを待ってください。

4.施術前後は身体を温めないように注意する

脂肪冷却の施術前後は、入浴や運動などで身体を温めすぎないように注意しましょう。

施術前後に身体を温めると、脂肪冷却の効果が薄れてしまう可能性があります。

施術当日は湯船に入らず、軽くシャワーを浴びる程度にしましょう。激しい運動も当日はできるだけ控えてください。

一方で、施術の翌日以降はむしろ身体を温めるべきです。温めることで血流が良くなり、代謝がアップするため、脂肪細胞の排出が促進されます。

5.水分をしっかり補給する

脂肪冷却の施術後は、水分をしっかり補給することが大切です。

十分な水分を摂取することでリンパの流れが促進され、老廃物(破壊された脂肪細胞)の分解と排出がスムーズになります

1日に2リットル程度の水を目安に、こまめに水分を摂取しましょう。一度に大量の水を飲むのではなく、少しずつ分けて飲むことが大切です。

医療施設とエステサロンの脂肪冷却の違い

エステサロンのイメージ

脂肪冷却はクリニックとエステサロンのどちらでも受けられますが、以下のような違いがあります。

施術施設クリニックエステ
施術者の資格医療従事者(医師や看護師)が施術無資格者でも施術が可能
トラブル時の対応迅速な医療対応が可能医療対応ができない
使用する
機器・効果
性能が高く脂肪細胞を
しっかり冷却できる
医療機器ではないため
出力が低く効果がマイルド
費用1回あたりの費用が高い傾向1回あたりの費用は安い傾向

クリニックでの脂肪冷却は費用が高めですが、効果を実感しやすいです。施術後のケアも医療の観点からしっかりとサポートされるため、安心して受けられます。

一方エステサロンでの脂肪冷却は、1回の費用が安いという魅力はありますが、効果が薄く感じられることがあります。

エステサロンは施術者が無資格の場合もあり、トラブルが発生した際の対応も懸念すべき点です

脂肪冷却の効果を確実に実感したい場合は、信頼性の高いクリニックでの施術をおすすめします。

脂肪冷却の効果がとくに期待できるおすすめ部位

脂肪冷却は以下の部位に対して行うことができます。

脂肪冷却ができる部位

皮下脂肪がつきやすく、落ちにくい部位に対して高い効果が期待できます。とくに効果を実感しやすいおすすめの部位は以下です。

部位おすすめの理由
二の腕自信を持って半袖やノースリーブを着られるようになる
お腹周り一度に減らせる脂肪細胞の量が多いため、効果を実感しやすい
太もも減らせる脂肪細胞の量が多くセルライトの解消も期待できる

上記の部位に脂肪冷却を行うことで、効率的に部分痩せを実現できます。

脂肪冷却のメリット

十字のマークと虫眼鏡

脂肪冷却の主なメリットは以下の3つです。

脂肪冷却のメリット

  1. 部分痩せができる
  2. リバウンドしにくい身体になる
  3. 身体の負担が少ない

それぞれ、詳しくみていきましょう。

1.部分痩せができる

脂肪冷却は全体的な体重減少ではなく、気になる部位だけを効率的に痩せる「部分痩せ」が可能な施術です。

通常のダイエットでは特定の部位の脂肪だけを減らすことは難しいですが、脂肪冷却は冷却カップ(アプリケーター)を当てることで、特定の部位の脂肪を狙って減らせます。

破壊された脂肪細胞は身体の代謝機能によって排出されるため、仕上がりの不自然さが少なく、美しいボディラインを形成できます。

2.リバウンドしにくい身体になる

脂肪冷却はリバウンドしにくい身体を作ることができます。

脂肪細胞の数自体が減り、脂肪が蓄積されにくくなるからです。

脂肪細胞の数が減ることを表す図解

通常のダイエットでは脂肪細胞の大きさが変わるだけで、脂肪細胞の数自体は減りません。そのため食生活が元に戻ると脂肪細胞が再び大きくなり、リバウンドしやすいです。

脂肪冷却なら一時的に痩せるだけではなく、長期的な効果が期待できます。

3.身体の負担が少ない

脂肪冷却はメスや麻酔を使用しない身体への負担が少ない施術です。

施術時に皮膚が引っ張られたり、冷たさを感じたりする程度で、傷跡が残ることはありません。

ダウンタイムとして軽い痛みや赤み、内出血などが起こりますが、いずれも軽く日常生活への影響も少ないです。

脂肪冷却のデメリット

お腹の脂肪をつまむ人

脂肪冷却は良い点だけでなく、以下のデメリットもあります。

脂肪冷却のデメリット

  1. すぐに効果を実感しづらい
  2. 減らせるのは皮下脂肪だけ
  3. 施術中に痛みや冷たさを感じる場合がある

それぞれ、詳しくみていきましょう。

1.すぐに効果を実感しづらい

前述したとおり、脂肪細胞が自然に体外に排出されるまでには数週間から3ヶ月程度の時間がかかります。

そのため、施術を受けた直後はほとんど変化を感じられません。5~6週間後に少しずつ効果が現れ始め、目に見えた結果を感じられるのは2〜3ヶ月後になります。

2.減らせるのは皮下脂肪だけ

脂肪冷却の効果は皮下脂肪のみで、内臓脂肪には効果がないというデメリットがあります。

脂肪冷却は皮膚の下にある皮下脂肪をターゲットに冷却する仕組みで、内臓の周りに蓄積する内臓脂肪には作用しないからです。

内臓脂肪を減らすためには食事改善や運動など、生活習慣の見直しが必要です。

3.施術中に痛みや冷たさを感じる場合がある

脂肪冷却は施術中に痛みや冷たさを感じる場合があります。

約4℃の低温で冷却するため、とくに施術開始から10分程度は違和感や不快感が強く現れやすいです。

しかし、その後は冷却による麻痺で感覚が和らぎ、冷たさだけを感じるようになります。

リエートクリニックで人生最後のダイエットを始めよう

まとめ

リエートクリニックは横浜・名古屋にある、メディカルダイエット専門のクリニックです。

科学的根拠に基づいた治療で短期間でのダイエットや難しい部分痩せに対応し、理想のボディラインを実現します。

脂肪冷却「クラツーアルファ」をはじめ、さまざまな医療ダイエット機器と治療薬・注射などを組み合わせたオリジナルプログラムで、お客様の理想の身体を目指すことが可能です。

切らない施術のため痛みやダウンタイムが少なく、安心して施術を受けられます。

人生最後のダイエットを、リエートクリニックで始めてみませんか?

\最大80%オフ!モニターキャンペーン実施中/

リエートクリニック横浜院医師 白川 巧
監修者プロフィール
リエートクリニック横浜院
医師
白川 巧
コラム一覧にもどる